top of page

救急専門医対策

  1. 救急勤務歴審査:救急科領域専門研修プログラム修了により配点10点

  2. 診療実績審査:必要症例および必要な活動実績(講習参加等)を満たせば配点10点

  3. 筆記試験:80点満点

総合判定として、合計100点満点中、総得点70点以上を合格とする


上記が日本救急医学会からの公表になります。


上記の中で基本的には1.2に関しては満点の配点になるはずですので筆記に関しては30点分は失点できる計算です。


その中で大きく学んでおくべき内容をまとめたのでそれを参考に勉強していただければ合格に近づくのではないかと思います。

また、実際の現場で使えない知識は無駄ですので臨床的なメモも追加で入れていますので是非活用してください。

閲覧数:4回

留言


bottom of page